映像制作のアルバイトの仕事内容

映像制作の仕事は、映像を撮影する仕事、撮影した映像を編集する仕事の2つに分ける事が出来ます。

アルバイトの求人も多く在るのが特徴ですが、アルバイトの場合にはスキルに応じて撮影の補助や編集の補助と言った仕事を受け持つ事も在ります。

映像制作のアルバイトと言うのは、他の仕事の中でも人気が高くなっているのが特徴ですが、人気が高い秘密は製作された映像がメディアの中で利用され、その映像を見た時に自分が携わったと言った満足感を得られるなどの魅力が在る事からも人気を集めているわけです。



映像を撮影する仕事と言うのはビデオカメラで録画すると言う事になるわけですが、撮影する環境に応じて照明が必要になる事も在れば、被写体を綺麗に撮影するためのテクニックなども必要となりますし、映像だけが記録されても映像制作になりませんので音声を綺麗に収録するためのミキシング技術なども必要となるなど、専門的な知識及び技術が求められることになる事からも、器材類を運んだり、撮影場所に器材類をセットする仕事、その他にもスタッフの指示に従って撮影全体の補助を行うのがアルバイトの仕事になります。


編集におけるアルバイトの仕事と言うのは、編集を行うスタッフの指示に従って機敏に動くことが求められます。
画面を見ながら編集装置を使って映像の一部を別の映像に取り込むなど、編集においても技術や経験を必要とします。

NAVERまとめに注目が集まっています。

しかし、このような製作現場で仕事をする事で、技術を身に付ける事が出来ると言うのも映像制作の仕事の魅力になっています。