映像編集の求人で必用なものとは

映像編集の求人募集はバイトから契約社員や派遣社員、正社員まで幅広く募集しています。この仕事はカメラやビデオカメラなどで撮影した映像を編集ソフトで編集して一つの作品にする仕事です。


カメラマンが撮影した映像を見て、ストーリー性や構成を考えて1コマずつ繋ぎ合わせてから、一つの映像作品を作ります。

現場での撮影の立会や、カメラアシスタント業務を行う求人募集もあります。
求人先もマスコミ関連や結婚式場。

ジョルダンニュース!サイト利用者からとても評判です。

一般企業まで色々あります。



映像編集といっても内容は様々で、バラエティ番組などのテロップ入れや、収録するときに複数台のカメラで撮影した画像を繋ぐ作業、モザイクやぼかしなどの映像加工に映像にインパクトを与える特殊効果などです。

映像編集の仕事は細かい設定や確認の作業が多くて、大ざっぱな人だと向いてないかもしれません。



コツコツと細かい地道な作業を面倒なく取り組める人に向いています。教わるだけの姿勢だと難しく、自分で機材マニュアルを読んで疑問も積極的に質問出来る心がけが必要です。

使う機材は高額な物が多いので日常的な手入れやメンテナンスが欠かせず、それでもテープ素材や作業の不可で故障などのトラブルが起きます。


クライアントにはこちらの事業は通用しないので、そんな時でも納期内に完璧に作業を終えて納品することが大切になります。体力的にハードですし拘束時間も長いです。

また、映像編集の機材やソフトは日々進歩していますから、それに合わせて新しい基材やソフトの操作を学ぶ必要があり、それをすんなりこなせるスキルも重要です。